メニュー

骨折の治癒について

[2020.11.10]

整形外科であればもちろん専門としている疾患の一つに「骨折」が挙げられます。骨折の原因としては多岐に渡り、転倒・転落・打撲・交通事故・スポーツ中の受傷など様々です。整形外科に限らず、骨折を経験したことのない医師はいないと思います。

さて、そんな骨折についてのお話です。

理論的な話をするとわかりにくいのでシンプルな解説でお話ししたいと思います。

骨折した患者さんによく聞かれることとしては

「いつ頃なおりますか?」「骨はくっついていますか?」

と聞かれることがしばしばあります。

骨折が治癒したと臨床において判断する時は、患者さんの自覚症状と他覚症状を総合して判断しています。つまり、患者さんの訴える痛み(物を持った時の痛み、動かした時の痛みなど)や医師による診察(圧痛、可動性の消失)を評価します。ただ可動性といっても骨折部が不安定ならグリグリ動かしたりはしません。だって痛いに違いないですから、、

もちろんレントゲンでの評価も重要です。

連続した一定の期間の同部位のレントゲンを比較すると骨折線が徐々に不明瞭になっていきます。そして骨折部の周りに仮骨が作られます。骨折は仮骨形成の進行と骨折線の不明瞭化・消失によって治癒したと判断しています。

では、具体的に代表的な骨折がどれくらいで治癒するかまとめておきます。手術せずにギプスや外固定を利用した保存療法を選択した場合です。

ちなみに骨折型(複雑骨折or単純な骨折か)年齢や性差、既往歴、喫煙歴、ステロイド服用などの因子を考えるとキリがないのでおおよその目安としています。

  • 橈骨遠位端骨折 約6−8週
  • 鎖骨骨折    約6−8週
  • 上腕骨近位端骨折約8−12週
  • 肘頭骨折    約6−8週
  • 大腿骨頸部骨折 約8−12週(これに関しては基本的に前例手術)
  • 膝蓋骨骨折   約8-12週
  • 足関節骨折   約8−12週
  • 踵骨骨折    約8−12週
  • 胸腰椎骨折   約8−12週

ご覧になっていただくとお分かりのように上肢の骨折は2ヶ月、下肢の骨折は3ヶ月といった感じです。

もちろん個人差はありますが、これくらいの目安を頭に入れつつ診察時の所見、レントゲン画像を見ながらギプスをいつ外すか、骨折難治例に超音波治療を開始するか、コルセットをいつまで装着するか、など検討しています。

本日は以上になります。

むつみクリニック 整形外科・骨粗鬆症専門外来

♫友達登録していただくとスムーズに予約、問診できます♫ 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME