メニュー

医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛について

医療レーザー脱毛とは、エステサロンなどで利用される光脱毛器とは異なり、有資格者のいる医療機関でのみ受けられるレーザー脱毛です。得られる効果も大きく異なりますが、両者の違いを知らずに契約している患者様が多いのが現実です。医療レーザー脱毛は1回あたりの効果や脱毛までに通院する回数が少なく済むことはもちろんですが、エステ脱毛の減毛とは異なりしっかりとした脱毛効果が得られます。
また当院では、最近増えている「お子様のムダ毛」のお悩みや、「日焼け後の色黒肌」の方にも対応できる、メディオスターモノリス(厚生労働省認可機器)を導入しております。

メディオスターモノリスとは?

メディオスターモノリスは、国内の脱毛クリニックなどに導入される機器の中でも新しい医療レーザー脱毛器です。
熱破壊式のレーザー脱毛器と異なり、肌の色を問わず小麦肌の方にも安心して照射できる蓄熱式脱毛器です。痛みが気になる方やお子様の産毛にも効果が期待できる仕様となっております。
肌へのダメージが極めて少ない為、照射後の火照りや痛みが気になりません。医師のカウンセリングの基、毛周期(およそ2か月に1回のペース)に合わせて定期的に照射することで、より高い脱毛効果が期待できます。またメディオスターモノリスは2本のハンドピースを搭載しておりますので、部位によってハンドピースを切替え短時間で効率的な照射が可能です。

4つの特徴

これまでの医療脱毛は黒い色に反応する為、肌質によって火傷のリスクがありましたが、小麦肌はもちろん、ホクロの上に生えている毛にも照射可能です。

モノリスの照射ターゲットは、毛根ではなくバルジ領域(毛根細胞にの栄養を送る組織)となります。お肌全体を温めながらバルジ領域を破壊する為、ダメージが少ないのが特徴です。

モノリスは脱毛以外にも、シミなどの原因となるメラニン色素を減少させる機能もございます。照射し続けることで脱毛効果と美白効果の両方が期待できます。

照射面積の大きいモノリスは、従来よりも早い時間で広域照射が可能です。
施術時間が短くなったことで、患者様の負担も大きく改善されました。

メディオスターモノリス(蓄熱式脱毛器)と
熱破壊式の脱毛器の違い

メディオスターモノリスはこのような方におすすめ

産毛脱毛がしたい人

なるべく痛くない方が良い人

色黒肌・日焼け肌の人

敏感肌・アトピー肌の人

トラブル肌の人

なるべく硬毛化のリスクを避けたい人

短時間施術を希望する人

蓄熱式は毛質・肌質・肌色の対応力に優れ日本人の肌に適切な脱毛機器です。「脱毛が難しい毛質・肌質」を脱毛したい方や、「スピードと痛みの少なさ」を求める人にオススメです。

施術概要

施術時間

約30分 ~ 1時間  ※部位によって異なります。

麻酔

基本的には不要ですが痛みに弱い方には、麻酔クリームを事前にお渡しし、来院時に塗ってご来院頂きます。

リスク・副作用

照射後、ほてりや赤みが出ることがございます。
稀に炎症が出た場合は、炎症を抑える外用薬を処方いたします。

アフターケア

当日から洗顔・シャワー・入浴・メイクが可能です。

注意事項

  • 初回の施術を受けるには医師のカウンセリングが必要です。
  • 剃毛は1部位当たり1100円頂きます。できるだけ剃毛の上ご来院ください。
  • VIO部位の剃毛は行っておりません。
  • 同一部位の照射は最低4週間空ける必要があります。
  • 生理期間中は肌トラブルや痛みが出る場合が御座いますのでお控えください。
  • 当日または前日のキャンセルにはキャンセル料(施術費用の100%)が発生します。
    ※予約変更またはキャンセルのご連絡は2日前までにお願いします。

施術の流れ

カウンセリング

脱毛前のカウンセリングは、脱毛の種類に関わらず行います。毛の状態や肌質、アレルギーなどをお聞きした上で、医療レーザー脱毛の注意点等を説明いたします。

マーキング

医療レーザー脱毛を行う前に、ご希望の仕上がりを考慮しながら照射エリアのブロックをマーキングします。このマーキングは施術後に簡単に落とすことが出来る専用のマーカーを使用しています。

ジェルの塗布

メディオスターモノリスによる照射の前に、冷却とハンドピースのすべりを良くするために潤滑ジェルを照射部位に塗布します。

照射

テスト照射を行い、感じる刺激などを伺いながら出力の調整を行います。痛みはほぼ感じない為、笑気ガスや麻酔クリームなどを使用せずに脱毛施術が可能です。

Q&A

脱毛サロンとクリニックでの脱毛とは何が違うのですか?

サロンでの脱毛は「一時的に毛をなくす」目的で行われます。
クリニックでの脱毛は毛を永久的に生えさせないことを目的に行う医療行為であり、医療機関(病院、クリニック)で行うことしか認められておりません。
脱毛を施行できるのも医師又は医師の指示を受けた看護師のみです。厚生労働省も明確にその趣旨の通達を出しております。
脱毛効果で言えば、サロンは一時的に毛が抜けるだけで、半永久的な効果は得られません。また照射時にトラブルが起きても医療機関でない為薬の処方も行えません。

医療レーザーでの脱毛は痛いと聞きましたが?

当院で使用しているメディオスターモノリスは痛みが極めて少ない脱毛が可能です。
従来機の医療レーザー脱毛(熱破壊式)は強い痛みを伴います。輪ゴムで強くはじくくらいと表現されますが個人差がございます。
現在医療脱毛の主流になりつつある最新脱毛機メディオスターモノリスは、皮脂腺近くのバルジ領域をターゲットにした蓄熱式の新脱毛技術で、ほぼ無痛での施行が可能となりました。従来式の医療脱毛を体験された方からすると痛みの少なさに驚かれる患者様もいらっしゃいます。

なぜ痛くないのに高い効果が得られるのですか?

レーザーのターゲットが従来とは異なるからです。従来の脱毛器(熱破壊式)は毛根を熱変性させるには大きなエネルギーを照射する為それが痛みの原因と毛周囲の肌にも大きなダメージを与えていました。メディオスターモノリスは毛そのものを破壊する必要はなく、毛のもととなる幹細胞(バルジ領域)のみをターゲットとする考えで照射する為、痛みが少なく脱毛効果が得られます。

どのくらい通えば無くなりますか?

最初の数回は1〜2ヶ月間隔が一つの目安です。熱破壊式の医療レーザー脱毛は肌へのダメージが強かったため、肌の回復期間を空けて3ヶ月程度の期間を空けることが推奨されていましたが、メディオスターモノリスは、肌へのダメージが非常に軽減されているので、極端なことを言うと連日の照射でも可能です。しかし、毛周期・休眠期にある毛には効果が得られないため、効率的に2ヶ月間隔が妥当です。

料金表(税込)

初診料 1,100円
再診料 550円
カウンセリングのみ 無料
麻酔クリーム(エムラクリーム10g 1本)
※使用する場合
2,000円
  1〜3回(円/回) 4回目以降(円/回)
両ワキ 4,400
初回:2,200
3,520
両ヒジ下 8,800
初回:4,400
7,040
両ヒジ上 8,800
初回:4,400
7,040
手の甲、指(両) 3,300 2,640
両ヒザ上(前) 7,700 6,160
両ヒザ上(後) 5,500 4,400
両ヒザ下(前) 6,600
初回:3,300
5,280
両ヒザ下(後) 5,500 4,400
足の甲、指(両) 3,300 2,640
両ワキ・両ヒジ・両ヒザ下コース 33,000
初回:25,000
26,400
うなじ 3,300 2,640
背中(ブラジャー下部まで) 8,800 7,040
背中 8,800 7,040
両肩 4,400 3,520
おしり(Oライン除く) 8,800 7,040
前頸部 5,500 4,400
デコルテ 8,800 7,040
乳輪 3,300 2,640
胸全体 11,000 8,800
へそ周り 3,300 2,640
おなか 11,000 8,800
Vライン 7,700 6,160
Iライン 6,600 5,280
Oライン 5,500 4,400
VIOセット 16,500 13,200
4,400 3,520
鼻 ホホ 5,500 4,400
口周り 4,400 3,520
顔全体 12,100 9,680
メンズ脱毛    
鼻 ホホ 4,400 3,520
鼻下 4,400 3,520
アゴ 4,400 3,520
くび 4,400 3,520
ヒゲ全体 11,000
初回:7,700
8,800

※ただし初回価格については、1度の施術で1部位に限ります。

※学生は全メニュー20%引きとさせて頂きます。

脱毛を受ける方への注意事項

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME